映像制作と動画制作の違い

「映像制作」と「動画制作」、どちらも撮影に関する用語です。どちらも似たような意味合いにとれる言葉ですので、映像制作と動画制作って結局どう違うの? 映像制作と動画制作って具体的に何をするの? といった疑問がある方もいるでしょう。ここでは映像制作と動画制作の相違についてわかりやすく説明します。

まず、説明のしやすさの順序で、「動画制作」について先に述べます。動画制作とは、簡単にいえば、ビデオカメラなどを使って撮影し、その撮った時間の流れに従って制作することをいいます。たとえば、動画サイトにアップロードされている、「やってみた」「歌ってみた」というタイトルをつけて動画制作されたものや、ある作業工程の流れを説明するために撮影して動画制作されたものなどをイメージしてみてください。いわゆる「撮ったまま」や、BGMをつける等の編集するにしても最小限で、撮影したものをほぼそのまま動画としてつくるものが「動画制作」にあたります。

次に「映像制作」ですが、これはCMの映像制作を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。ある商品をプロモーションするために、コンセプトを決め、対象となる消費者を定め、出演者を選び、ストーリーをつくり、風光明媚な景勝地あるいはスタジオで大勢のスタッフを起用して撮影し、カットし、編集し、ナレーションを加え、音楽とマッチさせてようやく完成する一連の制作が映像制作です。端的にいえば映像制作は、ある明確な意図を持たせ、コンテンツを視聴する対象者を定めているケースが多数です。そしてそれを作品として制作するのが「映像制作」なのです。

つまり、「映像制作」と「動画制作」の大きな違いは、その制作動機が大きく異なっている点にある、ともいえるでしょう。

このように、映像制作と動画制作は似て非なるものです。今はどなたでも、スマホでも気軽に簡単に映像をごらんいただくことができます。じっと同じ姿勢で映画を観る方もいれば、時間の短い動画をきっかけに行動を起こす方もいます。映像をごらんになる方も、多様化しているということです。

住宅リフォーム総合情報/工務店向け集客ノウハウ/FXシストレ比較/お家の見直ししま専科/女性向けエステ.com/主婦の在宅ワーク/ショッピングカート/ショッピングカート