教育の為の読書と映像を比較 動画制作で何が変わったか?

複雑で多岐にわたる作業手順を人に指導しようとするとき、一般的に指導する方の音声や動作などによる説明、文書化された資料参照との併用が有効とされて、そうした中最近文書化されたマニュアルに代わって動画によるマニュアル作成などをする企業が増えてます。そして、文化庁による平成25年度国語に関して世論調査で読者についての調査結果によれば1か月に1冊も本読まないといった回答が全体4割と占めてます。そしてこれは比較対象の同14年度の3割、20年度4割に対して増加傾向になっていて、6割の方が読書量は以前に比べて減ってると答えていて、活字離れの傾向がはっきりわかります。読書量減ってると答えた理由で目を引くのは情報機器で時間とられるが5年前に比べ1話rから2割へ倍増に近い増え方をしてる点。活字離れ進む一方で動画視聴で便利なデジタルデバイスに触れる時間増えてるのがわかり、これら結果で、いま比較的動画利用されやすい土壌ができつつあるのを知ることが可能です。教育の為の動画制作は大切です。