社員研修の動画制作で大切にすべきこと

昨今ではどの企業も社員研修で動画を使うことが通例になっていますが、社員研修向けの動画を作るときは、演者が目立ち過ぎないような動画を作ることが大切です。
例えば、名刺交換の動画を作るなら、演者の全体像が見える引きの画ではなく、見ている方が名刺を受け渡しする視点から動画を撮るのも手の一つです。
そのようにして、研修動画を見ている社員が名刺交換のやり方を最大限理解できるような工夫をするべきです。
そのため、動画の中ではコミカルな要素は必要ありません。
見ている社員の気が散ってしまうかもしれないからです。
また、動画内に字幕を入れることも効果的です。
字幕があれば、動画を見ている社員は映像だけでなく、文字としても記憶に残すことが可能だからです。
ただし、そういった動画一辺倒にしてしまうと、見ている社員は堅苦しく感じてしまうかもしれません。
なので、動画の最後には社員研修を終えた社員の様子を動画にするのも良いです。
そのときは、冒頭でお話ししたような演者が目立たない動画ではなく、社員がイキイキと働いて様子を動画におさめるのも効果的になります。