業務の趣旨を映像で!教育用ビデオは動画制作で解決!

新入社員や、中堅どころの社員、役員に至るまで新しく始める業務や、新規事業での異業種への参入などの場合、文書や口頭で目的を伝えるのは難しい場合がありますよね。
そんな企業の社員教育にはクリエイターによる映像制作や、自主動画制作を行ってより具体的に視覚を通してのアプローチがより情報の浸透力が発揮されるんです。

教育用ビデオの動画制作を自社で行う際は、特に見せたい内容と目的を直接想像させる事ができるので、社員の役職や立ち位置が違っても、同じ映像を流すだけで自分の持ち場をはっきりと意識付けする事も可能になります。
異業種参入ともなれば、全くその世界感を理解できないと言った方も多く、資格が優先される世界なのか、それとも技術が優先される世界なのかを映像制作ではっきりさせる事で、仕事上の教育的な位置づけもわかりやすくなる利点も生まれます。

文書の場合、同じ日本語でも取り方が違えば車内は混乱しますが、映像で最終の目標を分かりやすく整理すれば、不必要な混乱も防ぐことが出来る為、是非社員教育用として動画制作を取り入れてはいかがでしょうか?