映像制作の撮影で、気を付けなければいけないこと

映像制作の中で、大切なことと言うと本番の映像をしっかり撮ることを意識してしまいがちですが、実は本番の映像よりも事前の準備の方が大切な場合が多いです。

映像制作である程度のイメージを考えて撮影することと思います。

しかし、ぶつけ本番で映像制作をしてしまうと思いもないハプニングに対応できないことがほとんどです。どんなに簡単な撮影であっても、かなりのベテランでなければその1日をふいにしてしまうどころか、もしその日しか撮影の機会がなければ納得のいかないまま作業を終了しなければなりません。

そうならないためにも、映像制作では事前の準備が重要なのです。

例えば、どんなメンバーがいるのか、人数は何名か、会場の広さはどのくらいか、撮影のポイントはどこか、撮影はどのような流れなのかを絵コンテで描いたたりもします。

このような絵コンテや台本による撮影の準備をして初めて、当日のアドリブなどが可能になるのです。

自分の感性だけで、アドリブを入れてしまったら、映像を見返してみた時にごちゃごちゃになってしまうこともよくあります。そのようなことのないように、納得いくまで事前の準備をしてから撮影に臨みましょう。また実践の準備をしっかりしたとしても、 アクシデントは必ずあると思っておいた方がいいでしょう。