PVなどの配布用映像製作に適しているのはDVD?ブルーレイ?

自らの作品や自社の雰囲気を知ってもらうためにプロモーションビデオを作成することは、現在の広告戦略の上では当たり前の手法となりました。
映像を制作するハードウェアが安価に揃えることができるようになり、youtubeやニコニコ動画など製作した映像を公開する動画サイトが増えたのが大きな要因でしょう。
しかし、動画サイトへのアップロードだけで満足していませんか?
プロモーションビデオをアップロードすることは、いわば受けの宣伝です。
特定の人に映像を是非見てほしいと思うときは動画サイトへの誘導だけでは不十分でしょう。
時にはDVDによる映像制作をして自ら持参するのも必要でしょう。
その場合はDVDとブルーレイとどちらが適しているでしょうか?
コストの面からすれば、間違いなくDVDの圧勝です。
ブルーレイも普及が進みましたがDVD-Rの価格はBD-Rよりかなり安いので、多くの枚数を配布したいときにはDVDを利用したほうがよいでしょう。
しかしながら、映像制作を作品として見てもらう場合はBD-Rも検討したほうがよいでしょう。
DVDより多くのデータ量を書き込めるブルーレイはより高精細な映像も収録できます。
映像そのものを見てほしいときはブルーレイ、映像を通して自分たちの仕事をイメージとしてしてほしいときはDVD、と使い分けるとよいのではないでしょうか。